ジャパンパゴダにてオカリナ奏者、江波太郎によるコンサート開催決定

江波太郎氏による奉納のコンサートが2016年12月初旬に、ミャンマーのジャパンパゴダ寺院にて開催が決まりました。

江波太郎(オカリナ)プロフィール
1965 年4 月8 日生まれ
東京都出身。さいたま市緑区在住。
東京音楽大学音楽学部器楽ユーフォ二アム専攻卒業。ユーフォニアムを山本孝氏に師事。
ソルフェージュを有馬禮子氏に師事。
1988 年、デビューコンサート出演。
1992年、広瀬香美『Bingo!』の録音にユーフォニアムで参加。
同年、ケンタッキー州で行われたT.U.B.A.の総会に演奏メンバーで参加。
2001 年まで『小さな小さな音楽会』を山田恭弘氏とともに運営。
オカリナを1993年よりはじめる。
ユーフォ音楽工房、タローズユーフォニックバンド、江波太郎と東京パフォーマンスオーケストラ、タローズオカリナアンサンブル、オカリナセブンなどに所属。日本各地で演奏活動する傍らオカリナの為のオリジナル曲を作曲。
オカリナ教室を川越、上福岡、草加、さいたま市、春日部、所沢、狭山、新座、蓮田、川口、墨田区、長野県飯山市、など30カ所で開催中。
1996年4 月から99 年4 月までイタリアンレストランでオカリナ演奏。
2002 年、独立し「Taro’s Music」を設立。
2003 年より毎年「オカリナフェスティヴァルin 奥信濃」を主宰。
2004 年12 月にオカリナのオリジナルCD「MOTHER」をリリース。
CD「MOTHER」に収録の「子守唄」が阿木耀子原作のV シネマ「猫の家族」のエンディングテーマに採用される。
2006 年8 月にオカリナフェスティバルin 神戸にゲスト出演。
2006 年8 月にオカリナのための教則本「OCARINA METHOD」をリリース。
2007 年、NHKBS ハイビジョンで放送の「関口知宏 中国鉄道大紀行」のテーマ曲「光りあるもの」のオカリナバージョンを演奏。番組にてオンエアー。
2007 年10 月童謡、唱歌をオカリナで奏でた2nd アルバム「江波太郎がオカリナで綴る心のふるさと」をリリース。
2007 年より所沢ミューズにおいて毎年2 月にコンサートを開催。(2010 年よりコンサートの売り上げの一部を日本赤十字社に寄付。)毎年秋には関西にてコンサートツアーを行っている。
2010 年、クラシックの名曲をオカリナソロ~五重奏で演奏した3rd アルバム「名曲に乾杯!」をリリース。
2012 年、4月に米国で催された「桜祭り100周年記念行事」にてワシントンでの桜祭り、ニューヨーク「カーネギ
ーホール」での演奏、5 月にはオカリナセブンのメンバーとして韓国での国際オカリナフェスティバルに出演、10月
にはベルリンフィルハーモニーホールにて同ホール初演となるオカリナコンサートを開催、大好評を得る。
2013 年3 月11 日には台湾で「東日本大震災追悼親善コンサート」を行う。同年4 月、オカリナ発祥の地イタリア・ブドリオで開催のオカリナフェスティバルに参加。2013 年10 月、日光東照宮五重塔前にて奉納演奏。
2014 年6 月、ニューヨーク「カーネギーホール」で行われた日米親善オカリナフェスティバルにオカリナセブンのメ
ンバーとして出演。2014 年11 月21 日、4枚目のアルバム「華麗なるオカリナアンサンブル」をリリース。
2015 年1 月18 日、ソロのミニアルバム「MUSICA CHE AMI」をリリース。2015 年5 月イタリア・ミラノ「ベルディ音楽家の憩いの家」にて演奏。9 月、ヴェネツィアにて開催された潮工房「美しのガラス」展にてオープニング演奏。11 月オカリナセブンメンバーとして台中にてコンサート、12 月には台北、、高雄にて台日オカリナ交流コンサートにてオカリナセブンと台湾の「The Genial Breeze Ocarina Quartet」とジョイントコンサートを行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)